不感症でセックスしたくない女性の像
  1. ラブグラ|不感症の女性が使うバイアグラ・ジェネリック   >  
  2. 日本女性は不感症が多い?!

日本女性は不感症が多い?!

日本人女性

今、多くの女性がセックス時に痛みを感じたり、イク(オーガズムを感じる)ことがなかったりで、セックスを思うように楽しめていないようです。そのような状況になっている場合、「不感症」である疑いが出てきます。

不感症で見られるのは、下記のような症状です:
・性欲の低下
・性感欠如
・オーガズムに達しない
・ペニスを挿入する時の痛み など

ある調査では、16歳〜49歳の日本人女性の2人に1人が不感症であるというデータが出ているのです。不感症であることを頭のどこかで自覚していながらも、あまり深く考えずに専門家に相談しないで放置している方も多いのではないでしょうか。日本人は性に対する羞恥心が大きいため、このような事態に陥っても無視する傾向にあるようです。

しかし、不感症を放置しておくと、女性自身が性生活で満足できないどころか、パートナーとの関係が悪化して離れてしまったり、セックスに対するネガティブな感情が大きくなったりしてしまいます。

そのような事態を防ぐには、不感症だということを自覚してすぐに治療を始めることが大切です。病院に行ってカウンセリングを受けたり薬を処方してもらったりするのも良いですが、最近では「ラブグラ」という不感症・オーガズム不全を治すお薬が購入できるようになっています。

日本では承認されていない医薬品なので個人輸入を通して海外から取り寄せなければいけませんが、個人輸入を代行してくれる通販サイトがあるので、それを利用すれば簡単にラブグラを購入することができるのです。価格も良心的で、1錠あたり500円以内が相場です。

ストレスや運動不足といった様々な問題を抱える日本人女性の多くが不感症である中、ラブグラが気軽に不感症を治療できるということで人気を集めています。