不感症でセックスしたくない女性の像
  1. ラブグラ|不感症の女性が使うバイアグラ・ジェネリック   >  
  2. SEXの時に痛みを感じる人は…

日本女性は不感症が多い?!

下着をはいた女性のお尻

たまにセックスでペニスを膣に挿入しようとすると痛みが走って辛いという声が女性から上がります。これは「性交痛」と呼ばれるものですが、気持よさより痛みが強くてセックスでイクことができない、セックスの最中や後に膣が痛むといった症状を訴える女性が多いようです。ある女性誌の調査によると、女性の4人に1人がこのような性交痛を経験したことがあるそうです。

性交痛になるのはいくつか考えられる原因があるのですが、主に下記の問題が考えられるでしょう:

不感症、カンジダ膣炎、尖圭コンジローマやクラミジアなどの性病・性感染症

なかでも不感症になると性交痛が起こりやすいのですが、不感症ではストレスや疲労、睡眠不足などが続いて膣が濡れにくくなったり感度が鈍ったりすることにより、膣が潤いにくくなった結果性交痛を招くのです。他の原因がある場合、例えばカンジダ膣炎だと痒みを伴うので、そのような症状がある方はすぐに性病検査を受けることをお勧めします。

不感症はどの女性でも起こりやすく、ストレスや疲労を溜めずに毎日しっかりと睡眠時間を確保することが大切です。食生活や運動不足も起因していることが多く、特に国民の7割が運動不足と言われている日本では、運動不足によって感じにくくなっている女性が多いと思われます。

不感症で性交痛がある場合は、「ラブグラ」と言われる不感症・オーガズム不全に特化したお薬を飲むと解消されるようです。ラブグラはバイアグラと同じ成分ですが、女性専用のジェネリック医薬品であり、安全性も高く評価されています。現在は日本で認可されていないのですが、医薬品の個人輸入代行を行う通販サイトを通して、海外から取り寄せることができます。